« 水の中 | トップページ | 雨の日は »

2006年7月15日 (土)

キャッチボール

今日は中学生の男の子2人が来店し、ケーキセットの注文を頂きました。

約2週間ほど前に、道路沿いの看板に誘われてお店を見に来たことがありました。その時は暑くてどうにもエアコンを付けようか迷っていた記憶があります。私が彼らの頃にはコーヒー屋さんなど身近に無く、コンビニさえも無かったですから…もう本当に田舎なんですよ、ここは。

私のお店は車通りの多い場所にあるはずもなく、フルーツラインと呼ばれている広域農道から山側に少し入ったところ、山の中に在ります。そのフルーツラインから見えることもないので看板を見て山を登っているときも、あるのかなぁ…って不安に思う場所です。

でも、ちゃんとありますからね。

その2人と帰りがけに話しをしていたら、キャッチボールをしようということになりました。私も彼らと同じように中学生の時は野球部でした。もう、14年も前ですね(笑)

ぎこちなくボールを掴みグローブに手を入れると革の匂いと軟球のゴムの匂いが懐かしい記憶を辿っていきました。錆びたバックネットもトタンで覆った部室も健在であるとのことでした。カーブの投げ方を教わり、私の暴投で林の中に滑り込んだボールを何度3人で捜したでしょうか。

もし、商売の神様がいるならば今日は、私は見捨てられていました。快く、気持ちよく気の済むまでキャッチボールができました。気が付けば彼らの友達も混ざって5人6人と増えていました。雨が降って少し濡れた頃、お店でコーヒーをご馳走しました。「うめぇ~」という声がどれほど私にとって心強かったでしょう。

商売の観点からいえば良くない日も、今日はなぜかとても充実した日です。

Akaimi

|

« 水の中 | トップページ | 雨の日は »

コーヒー」カテゴリの記事

コメント

ずん様コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いしますね。気に入っていただけたようで、嬉しく思います。また友達と一緒でも、お一人でも歓迎致しますので、気兼ねなくお越し下さい。お待ちしております。

投稿: gita | 2006年7月17日 (月) 21時55分

先日はnemonozoさんと一緒に初来店を果たしました。ひさびさに地元にもどってきて、こんないいお店があるんだな~って感激しました。
これからは、コーヒーの薫りに包まれにいきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

投稿: ずん | 2006年7月17日 (月) 20時58分

nemonozo様コメントありがとうございます。
昨日はご来店ありがとうございます。キャッチボールの機会があれば、一緒にやりましょうね。
教えてもらったソフトクリームは近いうちに頂いて見ようかと思います。

投稿: gita | 2006年7月17日 (月) 11時20分

R-Rey様コメントありがとうございます。
商売を追いかけてばかりもいられず、人当たりだけでも生活できません。その両立さえできれば、と思います。ただ、私の場合もやり手タイプではないでしょう。
たとえば、私とお話しを楽しむお客様が増えていってくれれば、そう思っています。
お母様の「食堂」行ってみたいです。

投稿: gita | 2006年7月17日 (月) 11時09分

キャッチボール。最高ですね。
私もキャッチボール大好きなので、
ものすごく羨ましいです。

今度は是非私も混ぜて下さい。m(_ _)m

投稿: nemonozo | 2006年7月16日 (日) 09時39分

こんばんは。
ワタシの母は「食堂」をしています。
お天気や曜日でお客様の入りはいろいろで。
けど、店や母を気に入ってくれて、来てくれる
お客さんもいるワケで、だからアテにしてきてくれるヒトがいるから休めない。。。とよく言います。
ヒトリで頑張ってる母をたまに手伝いますが、やり手
じゃない店の・・・けど、長く続いてる「食堂」は母の支えになっています。
気持ちと経営が一致するのが最高なんですけどね。
でも、母とお客さんがニコニコ笑って「おいしいね」
なんて話してるの聞いてると、嬉しくなります。
なんせ、マザコンなので。。。

投稿: R-Rey | 2006年7月15日 (土) 23時07分

Risu様コメントありがとうございます。
思い切って誘われてみてください(笑)キャッチボールはとても楽しくて、そして疲れました。はしゃぎすぎてしまいました。
たとえば、こんな看板に誘われてきて、少年たちが2度も足を運べるお店というのにホッとしました。彼らの好奇心を満たせたり、私の心が休まったり、循環できる接客は心がけて行きたいですね。
ぜひ、お店に遊びに来てください。

投稿: gita | 2006年7月15日 (土) 22時38分

いいですね。キャッチボール。少年たちとコーヒー屋さんのお兄さんが楽しいひとときを過ごしている画が自然と浮かんできました。ああ、彼らのように私も純粋でいられたらなあ。私も赤い看板に誘われてcaffe gitaさんに行ってみようかな。

投稿: Risu | 2006年7月15日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129668/10952314

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチボール :

« 水の中 | トップページ | 雨の日は »