« お知らせ | トップページ | 電話の音 »

2007年6月 6日 (水)

眼に見えぬもの

 抽象的なものは人を惑わし、具体的なことは伝え易い。

 などと、朧げながら考えていました。コーヒーの味わいとは、何であろうかな?と、今更に思うわけです。酸味や苦味は周知の通りダイレクトに感じるものです。甘味はどうでしょう。ケーキのような甘さなら誰しも分かるものですが、コーヒーの甘さとは、糖度で言うならば恐らく1度ほどもあるでしょうか。

純粋に甘さだけを味わおうとすると見失うかも知れません。けれどもはっきりと甘さを感じる豆もあるのです。そして、香り。コーヒーの香りは、それはもう様々です。甘酸っぱい香りはジューシーな酸味を感じさせてくれます。濃密な甘い香りは蜂蜜やバニラを連想します。…植物の織りなす香りは、大きな贈り物です。

 この素敵な豆たちをいかに引き出すことに日夜せっせと頑張っております。自分のイメージをしっかりと持ち、それに近づけること。道具や器具を使いこなし、能力を引き出すことです。それには私も今以上に勉強が必要です。

人は気分や体調で味覚が違って感じてしまうもの。それには見えない香りや味は深い魅力があると思います。しかし、それを追うのも大変なことですが、やはり放っておけません。

 さて、美味しい珈琲が焼き上がりました。うひひ

0605

|

« お知らせ | トップページ | 電話の音 »

コーヒー」カテゴリの記事

コメント

さっと様コメントありがとうございます。
目に見えないものは見えることはないでしょう。その感性は大切なものだと私は思います。理解したい気持ちがあることが前提で…。世の中には知っているだけで、実態を感じていないことが多くあります。知識だけでは説得にならないことばかりです。私は毎日が手探りですよ。

投稿: gita | 2007年6月 8日 (金) 00時44分

R-Rey様コメントありがとうございます。
微妙な感覚を具体的に表すことは至難の業です。濃い薄いの感覚だけでは表現できない部分もありますね。人それぞれの感じ方で無限に広がる可能性があると思います。それには対話も必要になるでしょうね。

投稿: gita | 2007年6月 8日 (金) 00時39分

このごろ、思うのは・・
目に見えないものを見る感性・・・・本当に大事なんだろうか?
はまる・・・・本当に良いことなんだろうか?
限界は・・・・さすがに、作りたくない。

でも、気分が良くなる「目に見えないもの」を「感じる力」は・・・欲しいよぅな、いらないような・・・・あんまり持っていても、満足感を感じなくて、不幸なように感じるよ・なぁ!

投稿: さっと | 2007年6月 6日 (水) 22時38分

「見えないもの」が見えるには、かなりの知識と経験が必要ですね。そして、「感性」。。
その道に深くはまっていくと、いろんなものが見えてきます。けど、「見えるもの」も見えないでいるワタシはまだまだ未熟者だなーと思います。
でも、「見えないもの」を追いかけてるほうが、ずっと希望があっていいなって(^^)。これで限界って先を閉じこまないように、自分に言い聞かせて(笑)。

投稿: R-Rey | 2007年6月 6日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129668/15329416

この記事へのトラックバック一覧です: 眼に見えぬもの:

« お知らせ | トップページ | 電話の音 »