« 振り返って見えた景色 | トップページ | 夜にずっと鳴いている鳥が気になる »

2011年6月18日 (土)

雨上がり

 午前中は少し蒸し暑い気配で畑に植えたトマトの苗の下でピリがゴロンゴロンしていた。昨夜遅くに焙煎したコロンビアが実に良かった。香りが盛り上がって来る印象が強く出ている。毎日焙煎していても、勘の冴えている時間があるのかな。またケニアもうまく深煎りでまとめれた。毎日美味しいコーヒーをと思っていてもまだまだ先がありそうだな。まだまだ美味しくできるということか。夕暮れは雨上がりの冷えた空が広がった。

0618


0618_02

|

« 振り返って見えた景色 | トップページ | 夜にずっと鳴いている鳥が気になる »

コーヒー」カテゴリの記事

コメント

Enzo様コメントありがとうございます。
なんのこっちゃ。まったく(笑)
物言わぬコーヒー豆にも陽が当たれば影を落とします。私たち同様に愛情は必要かも知れませんね。そのぐらいの浪漫は必要です、だって遠くで育ったものですもの。言葉が違えど気持ちは通うはず。しっかりと引き出してカッコ良く仕上げてあげないと!

投稿: gita | 2011年6月18日 (土) 23時26分

いつも、同じように焼いているはず・・・。
でも、焼き上がった後の、立ち上る香りがいつも違う。
外気のせいだろうか?湿度のせいだろうか?
昔、カレーに「愛情っ。」と榊原郁恵が鍋のふたを開けながら、最後の仕上げに愛情を込めていた。
あれが、美味いコーヒーのコツなのだろうか。
コーヒーにも神懸かりな要因があるのかもしれない。
ちなみに、榊原郁恵と柏原芳恵の区別がつかなかった、僕の幼少期。
夏のお嬢さんなのか、春なのになのか・・・。
気がつけば榊原芳恵になっていることもしばしば・・・。
なんのこっちゃ。

投稿: Enzo | 2011年6月18日 (土) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 振り返って見えた景色 | トップページ | 夜にずっと鳴いている鳥が気になる »