« 小鳥 | トップページ | 雪国より »

2012年1月30日 (月)

ひと呼吸

 降り続いていた雪がピタッと止んで太陽が顔を出す。時間が止まっていたかのように鳥の鳴き声などが聞こえ始めた。何だかこういう一瞬が嬉しくなるのも雪のおかげだろうか。そう言っている間もなく、また曇ってきてしまった。
0130


|

« 小鳥 | トップページ | 雪国より »

コーヒー」カテゴリの記事

コメント

さっと様コメントありがとうございます。
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
この雪の多さにまた雪害の感じがありますね。こればかりは雪国の暮らしの中で通過儀礼のようで大変なことですね。産地では乾季と聞いております。暑いところのようですが、標高も高いので、どうでしょう?コロンビアでは鳥海山よりも高い場所で宿泊になります。半袖では寒いらしいのですが…

投稿: gita | 2012年2月 2日 (木) 00時33分

落雪により、子どもがうずまる事故が出始めました。
木の上に積もった雪の量も(特に身体が小さければ、それだけよけいに)馬鹿に出来ないぐらいな感じの量になりつつあります。
屋根の雪だけが、魔の手・・とは限りません。
通学路の確保の際には、頭上の木にも注意してあげて下さいませね。

いいなぁ、この時期に「雪のないところ」に一時期でも行けるなんて。

あ・・・逆に、戻ってからの方が、風邪など危険の確立が高くならないか?! その辺も、緊張して・帰国してね!!

投稿: さっと | 2012年1月31日 (火) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小鳥 | トップページ | 雪国より »