« 雪国より | トップページ | 地面と屋根がつながった »

2012年2月 1日 (水)

渡部さとるさんと

 写真家の渡部さとるさんがご来店くださった。『世界ノカケラ』で一緒の佐藤忠明さんもご一緒だ。焙煎中だったために満足にお話しも出来ない時間も歯がゆくしたくない。本の中の人と書いてしまえば失礼極まりない表現かもしれない。しかし、こうして同じ空間にいてお話しすることで実在するのだという実感が感触に変化していく。柔和なお人柄。目線を下げてお話ししてくれた。そうか、写真ってこういうことなのかもなって思う一瞬だった。またどこかでお会いしましょう。貴重なお時間ありがとうございます、良い旅になりますように。
0201


|

« 雪国より | トップページ | 地面と屋根がつながった »

写真」カテゴリの記事

コメント

mimi様コメントありがとうございます。
写真には家事も忘れさせる力強さもありますね(笑)たまにはゆっくり眺めてみるのも良いと思います。心のリフレッシュは料理にも反映するはずですからね。気にしない気にしない。

投稿: gita | 2012年2月 3日 (金) 23時47分

柔和な人柄、表情が全て物語る一枚。
喜びが伝わってくる一枚ですね。


渡辺さとるさんのHPへジャンプし、様々な写真を何度も何度も
いったりきたり。時を忘れて見入ってしまいました。

家事も忘れ… il||li _| ̄|○ il||li

投稿: mimi | 2012年2月 2日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪国より | トップページ | 地面と屋根がつながった »