« ラジオ『がま口とコーヒー vol.5』 | トップページ | コーヒーセミナー vol.2 »

2012年5月15日 (火)

中南米_16

 久しぶりの中南米記事ですね。コスタリカでの農園の思い出はインパクトがありました。強く眩しい太陽の光に照らされていると、今まで自分が知っていた太陽とは違うんだなと感じたのです。この自然の恩恵を受けるとどうなるのだろうと興味が湧いてきました。コーヒー豆は農作物、自然と人、そしてこれらがバランスよく融合して行くことで得られる結果があるのだと。トラックの荷台に乗り込み激しく揺られながら片手でシャッターを切っていました。どんどん揺れるごとに遠くまで来たんだなぁと初めて実感してきたようです。こんな経験は初めてでした。トラックが止まった先には真っ赤に実ったコーヒーチェリーが鈴なりでした。
0515


|

« ラジオ『がま口とコーヒー vol.5』 | トップページ | コーヒーセミナー vol.2 »

産地訪問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオ『がま口とコーヒー vol.5』 | トップページ | コーヒーセミナー vol.2 »