« 雪がとけたら春 | トップページ | 雨雪 »

2013年2月 2日 (土)

コロンビアで見た豆

 昨年に中南米へ行ってからそろそろ1年が経つ。いったいどんなところへ行くのだろうと期待と不安は混濁した心持ちがあったのが懐かしい。陽射しが眩しくて強くて、空気もほんのり薄いところもあったように思う。流れる景色は初めてのものばかり、言葉も人の顔も日本のものではなくて面白かった。戻ってから地球儀をぐるぐる回してみるのが少し癖になったりした。コロンビアで感じたことが今頃になって動き出してきた。それは他愛のないことでも動き始めたら何か嬉しいことだ。見えない味と香り、やっぱり不思議だけれどいい。

20120213_041331


|

« 雪がとけたら春 | トップページ | 雨雪 »

コーヒー」カテゴリの記事

コメント

ルッコラ様コメントありがとうございます。
大きく育ったコーヒーの木ですね。私も小さなものから育てましたが冬の寒さにはなかなか難しい環境です。コーヒーの花の香りはとても良い香りですので、ぜひたくさんのお花を咲かせてくださいね。そしたら撓わに実るかも知れませんね。受粉環境によっては実り具合も変化するのでお試しください。

投稿: gita | 2013年2月 9日 (土) 14時48分

こんにちは。
コーヒーの実はこんなにたわわに生るものとは驚きました。
我が家にも背丈が2M以上に育ったコーヒーの木が有って、数年前から毎年2.3粒実をつけます。白い花の後、緑の実が付き赤く変わっていく様は数粒ながらも、感動です。
いつか、こんな見事なコーヒーの木を実際に見たいな~とカフェジータさんのブログを拝見して思ってます。

投稿: ルッコラ | 2013年2月 8日 (金) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪がとけたら春 | トップページ | 雨雪 »