2012年6月 1日 (金)

中南米_17

 素晴らしい農園を訪問して暫し余韻に浸りながらもいったん市街地まで戻ります。上ってきた道をひたすら下り街並は広がって行きます。照りつける強い日差しにもだんだんと慣れてきました。それにしても、天気のせいか眩しかったな。
0601

そしてお待ちかねのカッピングです。時間も少し押していたので急ピッチでのカッピングになりました。スプーンで一口。あれやこれやとゆっくりとは考えていられません。ここは感覚で行くしかない。直感と言ってしまえば危うさは隠せませんが、カップのばらつき等も含めて感覚で行った方が性に合います。簡単な単語を白紙に埋めていき、イメージを作り上げていくような感じと言えば良いでしょうか。気になる豆、気に入った豆等、様々ですが慌てずに整理します。カッピング終了後、ここまでアテンドしてくれたラファエルさんたちとランチをした後、別の農園とカッピングです。この日はカッピングの数がすごかった。
0601_02


| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

中南米_16

 久しぶりの中南米記事ですね。コスタリカでの農園の思い出はインパクトがありました。強く眩しい太陽の光に照らされていると、今まで自分が知っていた太陽とは違うんだなと感じたのです。この自然の恩恵を受けるとどうなるのだろうと興味が湧いてきました。コーヒー豆は農作物、自然と人、そしてこれらがバランスよく融合して行くことで得られる結果があるのだと。トラックの荷台に乗り込み激しく揺られながら片手でシャッターを切っていました。どんどん揺れるごとに遠くまで来たんだなぁと初めて実感してきたようです。こんな経験は初めてでした。トラックが止まった先には真っ赤に実ったコーヒーチェリーが鈴なりでした。
0515


| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

中南米_15

 コスタリカ2日目の朝、インコの鳴き声で目が覚める。チュンチュンではない。ホテルの中庭の大きな樹の枝々に数羽単位で休んでいる。そしてバサバサと勢いよく飛び立っていく。上空にはセスナがひっきりなしに通り過ぎていく。コスタリカの朝はこんな感じで慌ただしく始まったりだ。朝食をとり本日の予定は何だろうと豊富さんと西野さんと話し、少し疲れてもきたねなんて、顔を見たら分かるさ。
0413

サンホセ市内を抜け出して山へ向かい走る。天気は良く晴れていて空が眩しい。また帽子を忘れた。

0413_02

標高がぐんぐん上がっていき急カーブを繰り返すが道路状況はそれほど悪くもなくいい感じだ。

0413_03

コスタリカに来てからこんな橙色の花に目が付く。なかなか気に入ってしまい写真にも良く写っているのだが間近で見る機会がなくどんな花なのか、名前を聞いたが忘れてしまった…

0413_04

農園着。山全体がコーヒー農園に見える。暫く急斜面を下って歩く。強い陽射しがコーヒーの葉に反射して眩しい。

0413_05

トラックに乗ってピッカーさんがいるところまで連れて行ってもらうことになった。農園内をゆっくりと進んでいく。周囲にコーヒーが整然と実っている。トラックに激しく揺られながら片手でカメラのファインダーを覗く。実に感慨深い心持ちになった。感激とも感動とも一味違う、なんだかこう叫びたくなるような気持ちだな。ファインダーから覗く世界は私だけのものだ。それがそうさせたのだろう。


| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

中南米_14

 久しぶりの産地訪問の更新ですね。さて、コスタリカに入国してすぐに農園巡りです。コスタリカのコーヒーと言うと軽めの味わいで爽やかなコーヒーの印象が私の中にあって、酸の質から透明感と広がりを求めてしまいます。もしかすると、『コスタリカ』と枠を作ってしまうことがコーヒーへの視野を狭めてしまうかも知れません。そんなコスタリカの土を踏みしめながら広大な農園へ入っていきます。
0408

この農園では年間4,000袋の生産量があるそうです。1袋69kgだったかな。農園内では剪定作業を行っていて所々にコーヒーの樹の枝などが積み上げられていました。人の手が掛かる農業、コーヒーは簡単にはいきません。農園内の精製工場を見学し農園主のお話しを聞きながら写真を撮っていたのですが、コーヒーに焦点を合わせていても見えて来ないものがあまりにも多いことに気が付きました。ここまで来ておいてコーヒーを見ても仕方がないと言うことではなく、コーヒーを取り巻く環境を知ってみたくなってきたのです。それはコーヒーが佇んでいる空間のことです。グァテマラに着いてから農園をぐるぐると歩き回り、真っ赤なコーヒーの実を付けた姿に感激しっぱなしでしたが、それを支えている環境があったのです。コスタリカに来てからは、その国や文化の違いよりも私と同じ人間がコーヒーを支えているという事実を知ると、知ってはいたものの、初めて目にすることで気分は全く違うものでした。写真って便利です。自分が撮ってきたものを改めて確認してみたらコーヒーしか写っていないんです。移動中の車中で溜め息が出ました。私は何にも分かっていなかったんだと自覚しました。

0408_02

夕方少し前にカッピングをしました。自覚したものだから、もう何も分からないです。カッピングも何もかもを見よう見まねで始めてみました。香りの印象も酸の質も、余韻だって一番最初に感じたことを箇条書きしておきました。後で見たら自覚したとは言え、幼稚な言葉が羅列されていたのは言うまでもなかったわけです。これをこれから積み重ねてのばしていけば良いのだと思えば気が楽です。カッピングが終わると夕暮れから夜になる頃です。コーヒーの国の人は陽気で楽しいです。

0408_03

| | コメント (5)

2012年3月30日 (金)

中南米_13

 コスタリカの陽射しは強く爽やかだ。精製工場付近の農園を見て回ったあとはランチタイム。

0330

街仲を車で走る。

0330_02

こんな人たちや、

0330_03

こんな人たちも楽しくやっているのだ。どこかで見た顔だが…

0330_04

パラパラのインディカ米のピラフ?美味しかった。

0330_05

ランチ後もひた走る。自転車は避けない。

0330_06

景色も変わってきた。

0330_07

坂の多い町。

0330_08

道は整備されているがアップダウンを繰り返す。

0330_09

徳島県とよとみ珈琲の豊富さん。眠そうだ。

0330_10

福井県Enzo Cafeのスヤスヤ西野さん。

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

中南米_12

 さて、コスタリカへは気持ちよく入国できた。ここまで散々に質問攻めやらカメラのレンズかおかしいだのと、イミグレに嫌気がさしていたものだから大変嬉しい。『君の名前は?』と聞かれ答えたら満面の笑みを浮かべて『Welcome to Costa Rica !!!』とパスポートを返してくれた。何だろこの違いは?

空港を出ると燦々と降り注ぐ太陽。出迎えてくれたのはアテンドしてくれるラファエルさん。すぐさま車に乗り込み農園へ。
0321

眩しい。コスタリカの第一印象。

0321_02

気が利いて情熱的なラファエルさん。お世話になります。

0321_03

さっきまでのグァテマラとはまた違うのね。天気のせいもあって爽やかさが漂う。

0321_04

陽射しは強烈だった。帽子はあった方が良いと言われていたのだけどスーツケースの中だ。

0321_05

街のスーパーでミネラルをーターを買う。道中喉が渇くし暑いので常備品だ。

0321_06

精製工場へ案内される。振り返ると穏やかな景色があった。

0321_07

パーチメントを丁寧に撹拌している。

0321_08

発酵層に入ったコーヒーチェリーの処理を少しだけデモンストレーション。甘酸っぱい香りが周囲に飛び散ってきた。少しワインにも似た香りだ。

0321_09

工場内に入り設備の説明などを聞く。グァテマラで見てきたものに比べて近代的。

0321_10

そして付近の農園へ。土の色も少し違うな。

0321_11

綺麗な赤い色をした実がなっている。

0321_12

農園主。シャツの胸元には『Japan』の文字が。

0321_13

ここでも家族でコーヒーを収穫している。大人も子どもも。コーヒーはこうして多くの人たちが関わり作られている。知らなかったわけではない。もちろん知っていたはずだった。でもどうだ?この感覚と感触は。温度や湿度、人の声っていうのはコーヒー豆からじゃ分からなかった。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

中南米_11

 先日の3月9日(金)にFMゆーとぴあでラジオの生放送で今回の出張のことをお話ししてきました。明日は収録分ですがAM10:30頃から『キラキラブログ探訪』にて2回目の放送があります。お時間が合いましたらぜひお聴きください。また、ネットからでもサイマルラジオや、ツイキャスでの動画配信や録画されたアーカイブからも見ることができるようです。

さて、グァテマラからコスタリカへ向かいます。あっという間のグァテマラだったわけですが、異国に触れた自分の気持ちはこの先もその温度や香りを保ち続けるのだろうと感じていました。
0315

朝4時にアラームをセットしたのだけど、やっぱり10分前に起きた。シャワーを浴びたりスーツケースの整理、少し寛ぐ時間もあった。そしてホテルのロビーへ集合。

0315_02

ホテルの送迎バスで空港へ。少し空が白み始める。

0315_03

少し外へ出てみる。グァテマラの国旗が風に揺れていた。また来よう。

0315_04

あの飛行機だな?

0315_06

グァテマラからコスタリカまではビジネスクラス。広々とした座席が嬉しい。しかし、日本で言うところのプレミアムクラスといった感じかな。つかの間の贅沢だ。

0315_07

いよいよ出発だ。コスタリカはどんなコーヒーが見れるのだろう。空からの眺めに興味津々。

0315_08

コスタリカー!


| | コメント (2)

2012年3月10日 (土)

中南米_10

 アカテナンゴの農園から一路グァテマラシティへ戻る。グァテマラシティでは商社にてカッピングをする。今まで訪問してきた農園のコーヒーもカップできるとのこと。これは楽しみだ。
0310

山道から大きな道路へ戻る。揺れが少なくて快適。景色には生活が写り込む。

0310_02

学生たちの下校時間かな。多くの小中学生が歩いている。

0310_03

グァテマラシティ到着。昼食をとり輸出商社へ向かう。昼食はもちろんトルティーヤとステーキ。

0310_04

カッピングルームは思ったより狭い。しかし広さよりもコーヒーだ。

0310_05

カップの中にあるコーヒーの粉を確認する。お湯を注ぐ前のドライの香りをチェックする。大人しい香りもあればむせ返るような強い香気もある。

0310_06

サンプルローストされた豆と生豆を確認。西日が心地良い。

0310_07

日本で見る生豆よりも水分が多いように感じる。綺麗な豆。

0310_08

酸の質を確認できるようにサンプルローストはかなり浅め。

0310_09

お湯を注ぎ待つこと4分。表面に浮かぶ粉をスプーンで割る。立ち上る香りを深く吸い込む。そして3度ほど撹拌する。

0310_10

じっくりと香りに注意して確認。表面に漂う粉をすくい取る。

0310_11

スプーンですくい、口の中へ霧吹き状に勢いよく吸い込む。香りや酸の質、キャラクターを感じ取っていく。コーヒーの温度が下がるにつれて様々に変化していく。皆一様に真剣になる。当然だ。自分の感覚を信じること、イメージを膨らましていく。もやもやした奥に少しずつ輪郭が見え始める。

0310_12

カッピングしながらお店で出しているコーヒーのことを思い出していた。何だか仕上げだけしか出来ていなかったなと思った。お店に届いたコーヒーから自分でイメージを作ってきた。でもその前に多くの通過点があった。ここカッピングルームより前からコーヒーだったわけだ。なるほど、そういうことか。庭先栽培で整備されていないコーヒーは素晴らしく良かった。また、綺麗に管理された農園のコーヒーも実に良い。これには正直驚いていた。ここで行なったカッピングは全てブラインドによるもの。評価後にどこのものかを知らされた。ますますコーヒーが不思議になっていく。今夜はグァテマラ最後の夕食。日本料理屋さんへ向かう。天婦羅やお刺身などを頂く。ビールでふらつきながらも、『あの香りがあの農園か、そしてあの味があそこか…』明日からはコスタリカ。早朝に空港へ向かうからアラームは午前4:00にセット。

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

中南米_09

 パストレス精製工場からアカテナンゴへ移動。車内にはとよとみ珈琲の豊富さん、Enzo Cafeの西野さん、商社勤務の大浦さん。豊富さんは情熱的に。西野さんは私の揚げ足取り。 大浦さんは落ち着いている。西野さんの揚げ足取り攻撃をヒラリと交わしながらアカテナンゴが近くなる。火山が大きく見えてきた。
0309_14

一度市街へ向けて走る。

0309_15

山間部突入。デコボコカーブの連続もヒラリとかわす。

0309_16

絶壁だってかかってこいだ。

0309_17

こんな花も咲いている。何て花だろね?

0309_18

七面鳥だって歩く。

0309_19

火山が目の前に聳える。

0309_20

とことん悪路を走り小さな精製工場を見に行く。

0309_21

岩から染み出した水で地面はグチャグチャ。花が這い付くように咲いている。

0309_22

洗濯物はこのように盛大に干されている。何かの旗のように揺れている。

0309_23

精製に必要な綺麗な水がたくさん。期待高まる。

0309_24

農園主は4輪バギーに乗って土煙を上げる。土煙が酷いものだからゆっくりと付いていく。既に姿無し。

0309_25

完熟したコーヒーチェリー。一見、葉っぱも落ちて頼りない枝に実った実だが今までにないほど甘い。

0309_26

見事に完熟している。早くカップしてみたい。

0309_27

緑から赤までカラフルな実を付けている。もちろん完熟だけを摘む。

0309_28

コーヒーの実を摘むピッカーさんが荷物を背負い歩いてきた。袋にはパンパンにコーヒーが詰まっていた。どれほどの重労働だろう。子どもだってまだ小さい。泣きながら歩いてきた。人は優しく強いのだ。ここでは大人も子どももコーヒーの仕事をしていた。コーヒーの影には誰かが泣いたり笑ったりするものかと感じた。コーヒー1杯の中には香りや味わいだけでなく、こんな景色だって入っているんだな。


| | コメント (2)

中南米_08

 アンティグアの夜も更け、気が付けば西野さんと深夜のバルコニーで語る。もう寝るかと言いつつもあと数時間しか寝れないじゃないか。シャワーを浴びベッドに潜る。セットしたアラームの5分前に目が覚めた。まだ暗い夜明けだ。
0309

アグア火山に雲が少しかかっている。今日は晴れている。朝食までの間、ロビー周辺をうろうろしてみる。

0309_02

何の花だろう。花は咲き乱れている。

0309_03

この日の予定は、ここから少し離れたパストレス精製工場、アカテナンゴ方面の農園、グァテマラシティに戻り輸出商社にてカッピング。

0309_04

パストレス精製工場。レンガが敷かれた上にパーチメントが広げられ丁寧に乾燥させられている。

0309_05

摘まれてきたコーヒーチェリーはザザーッと。

0309_06

果肉除去される。

0309_07

果肉除去されたパーチメントは太陽を浴びる。

0309_08

工場内では女性たちが欠点豆をハンドピックをしている。これまた丁寧な手作業。

0309_09

カタコトで挨拶をすると素敵な笑顔を返してくれた。

0309_10

こちらは男性陣が力仕事。袋詰めされた生豆を運び出したり、積み上げたり重労働。

0309_11

工場裏でもパーチメントが広がっていた。

0309_12

もくもくと作業が進む。コーヒーの世界を支えているのは一言でこうだと言えない。それに関わる人の生活があってこそだ。

0309_13

陽射しが強くなってきた。ここからアカテナンゴへ向かう。


| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

caffe gita | コーヒー | 写真 | 季節 | 旅の一コマ | 産地訪問 |